「根本から治したい」
     という気持ちに答えたい

Q:これまでの経験は診察にも役に立っていますか?

「私自身のこれまでの経験から、まず、皮膚症状に悩む患者さんの気持ちがよくわかりました。そして、単に薬で抑えるだけではなく、「体質を改善して再発しないようにしたい」という気持ちも理解していく努力が必要だと思います。これは食事で体を根本から作りかえる千坂式の考えとも共通するところです。」

Q:「根本から治したい」という気持ちに答える為に、どんなことをされていますか?

『根本から治したい』という気持ちに答える為には、『生活習慣』とか『精神的なストレス』『食事』の話をしっかり聞いて、トータル的に健康になるアドバイスが必要です。
単に薬で抑えても、繰り返し症状がでてくる事も少なくありません。それでは、『根本から治したい』という気持ちに答えることにはなりません。皮膚の病気でも、体の中から改善する必要がある事も多いのです。
その為には、まずゆっくりと話を聞く事が重要だと実感しました。
特に女性の場合は、ゆっくり話を聞いて欲しいという患者さんが多いので、自分でクリニックをやる時は、この要望に応えたいと考えました。私自身、千坂式食生活アドバイザーの方に電話で相談した時も、親切に対応していただいて、とてもうれしかった事を記憶しています。
以前、勤務医だった頃は1日70人以上の患者さんを見ていました。一人の患者さんにかけられる時間は2,3分程度なのでそういう対応はできませんでした。
今は1日に来院する患者さんは20~30人なので、じっくり話を聞いて、一人一人にあったトータルなアドバイスを心がけています。」

Q:一人一人にあったトータルなアドバイスの具体例を教えて下さい。

「たとえば、食生活がめちゃめちゃでニキビを繰り返す方などにはまず、生活習慣を見直していただくことから始めます。ときにはストレスが原因で敏感肌になってしまった方や、どうしてもステロイドは使いたくないという方にはアロマ入りのワセリンや保湿剤などをおすすめすることもあります。アトピーの方にフラワーエッセンスを使った例もあります。」

Q:フラワーエッセンスでアトピーが軽減するのですか?

「『精神的なストレス』や『強い不安感』『強い緊張状態』などがあるといくら治療をしても効果がでないことがあります。会社の人間関係で悩んでいた重症のアトピーの方がフラワーエッセンスで急速に良くなった例があります。」

Q:アロマを使われたりしているとの事ですが、前口先生の診療方針をお聞かせ下さい。

「薬は、あくまで一時的に助けるものとして使いたいと考えています。特にステロイドについては副作用も含めてきちんと使い方を説明して処方します。かといっていきなりアロマをすすめるということもありません。薬で早く症状を抑えたいという方、時間をかけてゆっくりとした体質改善したい方など、患者さん一人一人の希望を聞き、方針をたてます。
千坂式の経験をもとにした食事のアドバイスをする場合もあります。『ヨーグルトは悪いんですか?』とよく言われますし、コンビニのサラダでヘルシーだと思っている方も多いです。あまりこだわりすぎても良くないと思いますが、基本は和食中心で体を冷やさないような食事をすすめています。」

Q:診察時に、千坂式をすすめていただくこともあるのですか?

「書籍の紹介が中心ですね。よければご自身で購入して読んで頂くような紹介をしています。患者さんの中には薬をもらうだけで満足な方もいらっしゃいますが、『根本から治したい。』という方には、こんな食事療法の考え方もありますよと情報提供をしています。       

 

前口流「朝だけ千坂式健康法」

食事や生活で健康を

コントロールできる事を知って欲しい

Q:最近の前口先生の実践方法をお聞かせ下さい。

「今は、朝だけは『玄米のおにぎり』や『みそ汁』を中心とした千坂式の食事を取るようにしています。お昼は出来る限りお弁当を持参していますが、外食する事もあります。夜は、基本は和食ですが、好きなものを食べています。
出来る範囲で、より元気になれば良いと考え、無理のない方法で続けています。」

Q:一般の方が千坂式を始める時のアドバイスをお願いします

「やはり、『適当にやらない』のが重要だと思います。本を読んだり、アドバイザーの方に相談して少しずつ始めるのがおすすめです。
私のクリニックは皮膚科ですが、皮膚の症状は種々の要因が関係します。特に最近は精神的な要素が大きいと感じています。この精神的ストレスをいかにうまくコントロールするかですが、案外食事や生活習慣を意識するだけで変わってきます。特に女性は冷え性の方が多いので、冷たいものを食べ過ぎない。毎日ゆっくり入浴するなどのちょとした事でも、身体が暖まり心に余裕ができて、皮膚の症状が改善されることも少なくありません。
患者さんはトラブルの出た皮膚症状のみにとらわれて、それまでどんな生活をしてきたかを見直そうという人は多くはありません。今はお金を出せば、何でも好きな物が手に入りますが、『健康は選べない』と医者まかせにしている方が多いですよね。 でも、実は健康も、食事や生活習慣で選び取ることができるという事を千坂式を通じて知っていただきたいと思います。

 

 

恵比寿スキンクリニック(2014年2月閉院)

皮膚科・美容皮膚科 ニキビ治療 シミ レーザー脱毛〕

院長:前口 瑞恵 (まえぐち みずえ)
●東京女子医科大学卒業
●皮膚科専門医(日本皮膚科学会認)
●日本アロマセラピー学会認定医
●医学博士
●平成15年6月 恵比寿スキンクリニック開業
●平成26年2月 恵比寿スキンクリニック閉院

 







 


 

前のページ1 | 23