千坂式食療法ヒストリー①

一般的に理論というものが出来るためには化学的な根拠を証明したりするものですが、千坂式はすべて千坂先生自身の経験やそれを実践して下さった多くの方々の体験に基づいて理論が構築されています。
ここではどのように千坂式が作られてきたか、自身の体験を通し、幼少期から段階的にご紹介します。

幼児期から高校生まで

千坂先生は昭和14年1月に東北の片田舎に6人兄弟の末っ子として生まれ、生後間もなく父親を亡くし、母親の手で育てられるが、兄弟も多く、母親一人では全員を育てることが困難であったため、2歳の時に里親のもとに預けられることになりました。
そこで千坂先生は幼年期から高校卒業まで生活することになります。生活は質素で盆と正月くらいだけ塩でしめた魚を一切れほど食べることが最高の贅沢で、食事のほとんどが野菜の煮物などと麦入りご飯に味噌汁、梅干や漬物といった粗食で育ったのです。

 

上京後

高校卒業後、大学に進学するために上京、そこで田舎では食べたことのない、「ラーメン」、「チャーシュー」、「まぐろの刺身」、「たっぷり砂糖の入ったぜんざい」(田舎では塩あんを食べることがほとんどだった)や「おはぎ」、「大福」等と出合ってしまったのです。都会でしか味わうことの出来ないそのような食べ物は最高のご馳走だったのです。先生は特に「あんこ」のような甘いものには目がなく「ぜんざい」、「甘~く煮たうずら豆」が大好きで毎日のように大きなどんぶりで食べていました。そして、いつしか甘いもの中毒になっていったのです。
その頃は、田舎に住んでいた時のように野菜の煮物などはほとんど食べなくなり、甘いものを中心に、千坂式で考えるととても陰性で酸性の食品に偏った食生活をしていました。

 

それから数年後

そのような食生活を続けて数年が過ぎた頃には、体のあちらこちらに不調な症状が現れてきました。立ちくらみがして皮膚はガサガサになり、重い便秘、偏頭痛、慢性疲労から腰痛、動悸、息切れなどの症状が次々と現れ、20代になったばかりの若々しさとは無縁なほどの悲惨な状態になっていました。
それでも20歳の若さで結婚し、生活を守らなければならないという責任感から仕事を続けていましたが、体調は悪化する一方でその原因もわからずにそのままの食生活をしていると、夜も眠れない日々が続くようになり、肝臓の辺りは虫がはっているような感覚を覚え、腰痛がひどく仰向けには寝られないくらい体調は悪化し、血尿まで出ていました。
このままでは、仕事も続けられない、そうすれば経済的にも生活が出来なくなってしまうという危機感、家族を守ることが出来ない、体が思うようにならない苛立ちと不安、いろいろな気持ちが交差する中で病院へ駆け込んだのです。

 

絶望の底へ

そこでの検査と診察の結果はまさに絶望の底に突き落とされるものでした。診断の結果は『狭心症』『心筋梗塞の始まり』『糖尿病』『肝硬変の初期段階』『膵炎』『腎臓病の初期段階』など数えられないほどの病名を付けられ、薬の併用は副作用の問題もあって出来ず、医師からは現代医療では治療の方法がないと告げられてしまったのです。それでは納得出来ないと他の病院でも診察を受けましたが結果は同じで、このままの状態では余命数年という診断を下されたのです。
まだ、20代前半の青年にはその宣告はあまりにも衝撃的で、『これからどう生きてゆくのか、治療方法はないのか、あと何年生きられるのかという不安で仕事も手がつかない状態になってしまい途方にくれてしまった』そうです。

 

一筋の光に出合った

そのような絶望の底に突き落とされてからも、何とか治療方法はないかと医学書をはじめ、様々な書籍を読みあさり、鍼灸師や整体師、その他さまざまな治療師の先生方との出会いがありましたが、なかなか自分の病気をすべて治せるという確信のもてるものには出合いませんでした。
それでもあきらめずに探し続けているとある日、東京大学名誉教授、東京大学医科学研究所第4代所長、都立駒込病院院長を歴任し玄米菜食を説かれていた二木謙三博士の『病は食の過ちにあり』という言葉に出合い、その言葉がまるでこれからの千坂先生が歩む道を示すかのように一筋の光となっていったのです。

 

光の導くもの・・・・それが玄米食だった

その二木博士の言葉によって、千坂先生は今までの食生活が過っていたこと、食の過ちによって自分がさまざまな病気になったこと、正しい食事にすれば体は自己免疫力によって癒されていくということを悟ったのです。それは先生にとって人生の光となり、自分が導かれる運命であったと後に語っています。その光が『玄米食』だったのです。

 

 

 

 

 

 

 


 

12次のページ